埃やダニの死骸が舞わないようにして喘息を改善

苦しいダニの死骸や埃によるアレルギーの喘息には、本当に困りました。ダニが繁殖する時期になると、喘息の症状が酷くなってしまいます。胸が苦しくなり、咳が止まらなくなってしまうのです。

 

息が詰まるという感じで、呼吸困難になるほどに咳が酷くなります。そんな喘息には、ダニを撃退します。部屋の窓をこまめに開けるようにし、通気性を良くしました。

 

カーテンを辞めて、ダニの付きずらいブラインドにしました。ブラインドも、昼間は開けるようにし、日光が部屋の中にしっかりと差し込むようにします。掃除機をかけると喘息が酷くなるので、濡れ布巾でゴミを取りながら拭くようにしました。

 

ぬいぐるみやクッションを近くに置かないようにし、服はタンスにすぐにしまうようにします。埃の付き易いセーターなどを辞め、着た服をすぐに洗います。

 

部屋の中に物を置かないようにするのも、喘息の症状を軽くしました。クローゼットや押入れを有効に使い、物を片ずけるようにします。すると、埃があちこちに溜まらないようになります。

 

埃が舞うことも避けられ、苦しくなりません。ダニの死骸が多く舞いずらくなり、喘息も改善できます。拭き掃除は毎日やった方がいいです。部屋の隅から内側にかけて埃やゴミをまとめていくことがポイントです。

 

とにかくダニや埃が舞わないようにするのが重要な喘息は、物をパサパサと振らないことです。毛布や羽根布団を何度もパタパタと振ると、埃がかなり舞います。

 

布団を叩くのではなく、洗ってしまった方が良いです。服を静かにたたみ、動作も静かに行います。一緒に住んでいる人にも協力してもらうことも大切です。周りで走ったりしないようにしてもらったり、何度も行き来しないようにしてもらいます。

 

埃やダニの死骸がたまりやすいカーペットを敷かないようにします。畳の部屋も避けました。机の上をこまめに拭き、壁も拭くようにします。

 

ストレスがたまると、喘息の症状がでてきてしまいます。ストレスをためないようにし、外を歩くようにし、新鮮な空気を吸います。排気ガスでも喘息が悪化してしまうことがあるので、車の通りが少ない場所を選ぶようにします。新鮮な空気を吸いながら綺麗な空や自然を眺めていると、苦しい喘息の症状が改善します。

 

フローリングの床で喘息の症状が悪化してしまうので、汚れが付きにくいフロアクッションにしました。掃除がしやすく、濡れてもすぐに乾きます。湿気対策にも繋がり、部屋の中が新鮮な空気となりました。